LEESAYA

LEESAYA(リーサヤ) / 東京
Director : 李沙耶(Saya Lee)

LEESAYAはディレクターの李沙耶(りさや)が2019年10月に設立した現代美術を扱うギャラリー。独自の表現を探求する若手アーティストを積極的に紹介している。また同世代の様々なジャンルのクリエイターと共闘し、現代における表現の可能性について探り続ける。

須賀悠介
Yusuke Suga

1984年東京都生まれ、SFや科学哲学などを参照し、立体作品をベースに日用品を用いたオブジェや3DCGの映像作品など、様々な素材からなる新奇な作品を制作しています。近年は「Modification of destiny」(LEESAYA / 2019)、「高松コンテンポラリーアート・アニュアルvol.06/物語る物質」(高松市美術館 / 2017)、「Ghost Roaming」(LAGE EGAL RAUM FÜR AKTUELLE KUNST [ベルリン] / 2016)、「Duality of Existence」(FriedmanBenda [ニューヨーク] / 2014年)など国内外の展覧会に参加し、意欲的に発表を続けています。

髙橋銑
Sen Takahashi

1992年東京都に生まれ、東京芸術大学美術研究科彫刻専攻を2021年に修了しました。彫刻表現に要する技術を礎に、映像作品やインスタレーション、食用の飴や香油など、様々な素材の持つ特性を最大限活かし、作品制作に意欲的に取り組んでいます。主な展覧会に二羽のウサギ / Between two stools、The 5th Floor(東京、2020年)、Sustainable Sculpture、KOMAGOME SOKO(東京、2020)など。修士課程修了を機に、一層注目を集める若手アーティストです。

毒山凡太朗
Bontaro Dokuyama

1984年福島県に生まれ、大学卒業後、ごく普通にサラリーマンとして働いていましたが、2011年3月11日に発生した東日本大震災と東京電力福島第一原子力発電所事故によって、故郷である福島の状況が一変したことをきっかけに、今まで自分自身が信じてきたことや、社会が正しいとしてきた価値観に対し、改めて見直す必要性に駆られ、作品制作を開始します。近年では「六本木クロッシング2019展:つないでみる(森美術館、東京)」や「あいちトリエンナーレ2019:情の時代」など、国内の展覧会に多数出展するにとどまらず、海外の展覧会にも招聘されるなど、大変注目の作家です。

LEESAYA

〒153-0064
東京都目黒区下目黒3-14-2

https://leesaya.jp/

03-6881-4389

info@leesaya.jp

Instagram

Facebook